一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

機関情報トラフィックイーストアジアジャパン

トラフィックイーストアジアジャパン (トラフィックイーストアジアジャパン)【任意団体】

英名
TRAFFIC East Asia-Japan
略称
トラフィックジャパン
代表
105-0014 東京都 港区芝3-1-14 日本生命赤羽橋ビル6F
電話
03-3769-1716
FAX
03-3769-1717
E-Mail
traffic@trafficj.org
URL
http://www.trafficj.org

事業概要

活動分野
野生動植物、生物多様性、国際環境協力
目的
以下のような目的を持って、野生生物や生態系にとって有害な取引をなくすことをめざしています。
・希少種の保護(取引のために特定の野生動植物の存続がおびやかされないようにする)
・生態域の保全(取引のよって特定地域の生物多様性がおびやかされないようにする)
・資源の保護(食物や薬など、人間が必要としている野生の動植物の利用が、将来にわたって維持できるよう支援する)
・国際協力(野生生物取引の管理についての国際的な条約や政策が、適切に実施されるよう支援する)
事業概要
トラフィックは、ワシントン条約が発効したのを受け翌1976年に設立されました。以来、IUCN(国際自然保護連合)とWWF(世界自然保護基金)の共同事業として、今では世界中に拠点を構えています。トラフィックイーストアジアジャパンはトラフィックの日本事務所として、またWWFジャパンの野生生物取引調査部門として、ワシントン条約事務局やIUCN、WWF、他の多くの団体と連携しながら活動しています。日本は世界でも有数の野生生物消費国です。しかし取引の中には、違法なものや、法が未整備のため野放しになっているものも少なくありません。トラフィックでは客観的な調査と分析によって、そのような取引を監視し、関係省庁などへ報告・提言などを続けています。
主要成果物

運営

設立年
1982
管轄官庁・親機関
職員・スタッフ数
年間予算規模
活動地域
国内、海外

[トラフィックイーストアジアジャパン]今後のイベント

[トラフィックイーストアジアジャパン]これまでのイベント

【東京都】「ルーツをたどれ!ワイルドライフ ー世界の生物多様性と日本の法体制ー」セミナー
開催日:2009.11.28(土)
【愛知県】地球の「薬箱」を救え!:生物多様性条約 COP10関連イベントセミナー
開催日:2010.10.19(火) 〜 2010.10.22(金)
【東京都】マレートラを絶滅から救え! 東京、大阪でチャリティー講演会開催イベント
開催日:2010.07.28(水)
【大阪府】マレートラを絶滅から救え! 東京、大阪でチャリティー講演会開催イベント
開催日:2010.07.25(日)
【東京都】水産資源の持続可能な利用とトレーサビリティの確保にむけて:国際動向と日本の取り組みセミナー
開催日:2011.02.16(水)
【東京都】ワシントン条約40周年記念シンポジウム「ワシントン条約の動向と日本への期待」イベント
開催日:2013.08.21(水)
【東京都】アフリカゾウとサイ−密猟の危機を知るイベント
開催日:2014.10.07(火)
【東京都】ワークショップ「ウナギはどこへ?」ウナギの持続可能な利用にむけてイベント
開催日:2015.07.30(木) 募集期間:2015.07.16(木) 〜 2015.07.29(水)
【東京都】東アジアにおける野生生物取引の実態イベント
開催日:2015.12.02(水) 募集期間:2015.11.24(火) 〜 2015.12.01(火)