一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

森づくり宣言日本の森を守ろう!フォレスト・サポートクラブ

活動報告

EICネット『森づくり宣言』2021年度 報告概要

 2011年9月、EICネットは、企業、団体、個人の皆様が、日本の森林を守り、CO2削減の活動に一歩踏み出すためのプロジェクト『森づくり宣言』を開始しました。国の認証するJ-クレジットの購入を通じて、国内の健全な森の育成を支援するものです。

■2021年度(2021年4月1日~2022年3月31日)

森づくり宣言で行った森林間伐

雄勝広域森林組合 販売課 佐々木光広 課長

東成瀬村は総面積の93%を山林原野が占め、中央部を成瀬川が流れるという自然豊かな村です。
国定公園の栗駒山登山口としても知られ、きれいな水と透き通った空気が自慢です。
特に星空の美しさは全国でも指折りで、1999年には星空日本一に認定されました。
美味しい水は、山の中で森林が雨水を自然にろ過した後、里に下りてきます。

美しい水源を誇る村に複数点在する湧き水は名水として名高く、きれいな水にしか生育できないホタルを通じて、水源涵養など森林の持つCO2吸収以外の多様な機能へも関心をもっていただきたいというのが、東成瀬村の願いです。

※森づくり宣言を実施することにより、ホームページ運営のサーバー稼働による温室効果ガス(CO2)の排出を1口あたり年間0.5tオフセットします。
 サーバー24時間365日稼動した場合の想定電力消費量を元にすると、年間50%以上のCO2排出量(注)に相当する量となります。
 (注)サーバーのCO2排出量
   データセンター向け省電力タイプのサーバー(インテルXeonプロセッサー)として算出しています。
   年間CO2排出量(kg-CO2)= 0.2kWh(消費電力量)×0.453kg-CO2/kWh(CO2排出係数)×24時間×365日=793.66kg
   ※電力のCO2排出係数として暫定的に0.453kg-CO2/kWhを用いて算出

クレジット種類:森林吸収J-クレジット

 プロジェクト番号:0153
 プロジェクト実施地:秋田県東成瀬村

調達・無効化プロバイダー:グリーンプラス株式会社

過去の活動報告