一般財団法人環境イノベーション情報機構
このゆびとまれ!エコキッズ

エネルギー

 道路には車があふれ、家にテレビやエアコンがあるのはあたりまえ―。毎日の生活の中で、私たちは電気やガスなどたくさんのエネルギーを使うようになりました。エネルギーのもととして多く使われているのが、石炭、石油、天然ガスなどの化石燃料(かせきねんりょう)です。でも、化石燃料をたくさん使うことによって、地球があたたかくなったり、酸性の雨が降るといった問題がおこってしまいました。

 そこで、化石燃料(かせきねんりょう)にかわる、新しいエネルギーを使おうという動きも出てきています。風の力を使った風力発電(ふうりょくはつでん)、太陽の熱を使った太陽光発電(たいようこうはつでん)、水素(すいそ)と酸素(さんそ)から電気を作る燃料電池(ねんりょうでんち)、木材のチップや家畜のふんなどを使うバイオマスエネルギーなどがあります。

化石燃料(かせきねんりょう)

化石燃料(かせきねんりょう)ってなに?
石炭、石油、天然ガスなど、エネルギーのもとになるものです。
どんなふうにできたの?
何百万年も昔に生きていた動物や植物の死がいが、地面の奥深くで温度や圧力の変化(へんか)をうけて、長い時間がたつうちに、石炭や石油などにすがたをかえたといわれています。
どのぐらい使われているの?
現在、世界で使われているエネルギーのうち、化石燃料(かせきねんりょう)のわりあいは、4分の3以上。中でも石油は一番たくさん使われていて、全部のエネルギーの10分の3にもなります。
いつまでも使えるの?
化石燃料(かせきねんりょう)は、いくらでもあるわけではありません。例えば石油は、今までに、もう地球にあった石油の半分くらいを使ってしまいました。

(図:世界の石油生産量と残っていると考えられる量 こども地球白書)

地球温暖化(ちきゅうおんだんか)

地球温暖化(ちきゅうおんだんか)ってなに?
地球があたたかくなること。地球の平均気温は毎年少しずつあがっています。
地球の温度があがるとどうなるの?
南極や北極の氷がとけて海面が高くなったり、洪水がおこったりします。かんばつがおこる地域もあります。そうすると、農作物のとれる量が少なくなったり、伝染病(でんせんびょう)がひろがったりします。海にしずんでしまう地域もあります。
どうして温度があがるの?
ものをもやした時にできる二酸化炭素(にさんかたんそ)が、一番の原因です。二酸化炭素(にさんかたんそ)は、ちょうど温室と同じように、熱が地球の外に出て行くのをふせぎます。だから、大気の中の二酸化炭素(にさんかたんそ)がふえると、地球の温度もあがってしまうのです。
二酸化炭素はどうしてふえるの?
石油、石炭、天然ガスなどの化石燃料(かせきねんりょう)をもやすことが、二酸化炭素(にさんかたんそ)をふやす一番の原因となっています。

酸性雨(さんせいう)

  • エコキッズ トップ
  • おうち
  • お店
  • 学校
  • どうろ
  • かんきょうはくぶつかん
  • リサイクルプラザ
  • 川
  • 公園
  • 里山で
  • みんなの広場
  • かんきょうしょう

「このゆびとまれ!エコキッズ」はEICネットのコンテンツです。このページへのリンクに関してはお知らせをご覧下さい。