一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

国連砂漠化対処条約、干ばつリスク上昇を警告し緩和対策加速を要請

地球環境 砂漠化】 【掲載日】2022.05.31 【情報源】国連/2022.05.11 発表

 国連砂漠化対処条約(UNCCD)は、干ばつリスクの急上昇を警告する報告書「数値で示す干ばつ現況2022年版」を発表した。報告書によると、2000年以降、干ばつの発生頻度と継続期間は29%増加した。2000〜2019年の間、アフリカは世界で最多の134回の干ばつに見舞われた。うち70回がアフリカ東部に集中している。同期間の被害人口は世界全体で14億人を超え、水害に次ぐ。死亡数は1970〜2019年に65万人に及び、自然災害の中で最多である。1998〜2017年の干ばつによる経済的損害は、世界全体で1240億ドルにのぼる。気候変動のみを考慮した予測でも、今後数十年間に129ヶ国で干ばつが増加し、2100年までに気温が産業化前比で3℃上昇すると干ばつ被害は現在の5倍になるという。干ばつ対策の要点は、水循環と土地肥沃化に配慮した土地再生にあり、そのための資金動員、協力体制の確立、衛星観測・AI等新技術によるモニタリング・早期警報システムの整備、総合計画の策定・実施等が急務である。
【国連砂漠化対処条約

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース