一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

カナダ政府、2050年までの排出実質ゼロ実現に向け脱炭素化に取り組む企業を支援する「ネットゼロ・チャレンジ」を起ち上げ

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2022.09.13 【情報源】カナダ/2022.08.26 発表

 カナダ環境・気候変動省は、2050年までのネットゼロ(排出量実質ゼロ)実現に向けて排出削減に取り組む企業を支援するイニシアティブ「ネットゼロ・チャレンジ」の起ち上げを発表した。
 カナダ政府は2050年までのネットゼロ実現を公約し、2030年までの排出削減計画で様々な部門の戦略を打ち出している。世界中で120ヶ国超がネットゼロを目指す脱炭素化に迅速に対処しており、企業社会が同国のネットゼロ経済への移行をリードすることは極めて重要である。
 「ネットゼロ・チャレンジ」の参加企業は2050年の目標実現に向けて設備や業務を移行する、信頼性のある効果的な計画の策定・実施を公約する。最低条件を満たし、年次進捗報告書を提出、計画を5年毎に更新する必要があり、技術指導や成功事例、参加企業団体等により利益を得るという。
 チャレンジ創設時のメンバーは保険会社、化学メーカー、セメント協会、空港当局など12団体。国内の全企業に門戸が開かれており、スティーブン・ギルボー環境・気候変動相はさらなる参加を呼び掛けている。
【カナダ環境・気候変動省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース