一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

フランス政府、土地の人工化を食い止めるため放棄地再生に1億ユーロを追加拠出

地球環境】 【掲載日】2022.02.02 【情報源】フランス/2022.01.10 発表

 フランスのカステックス首相は、かつて開発され放棄された土地の再利用を促進するため1億ユーロの追加を決定した。フランスでは都市化やインフラ開発(土地の人工化)によって自然の土地が毎年2万〜3万ヘクタール減少している。このため気候レジリエンス法では2032年までに自然の土地、農地、森林の開発・転用を半減させ、2050年までに土地人工化を実質ゼロとする(ZAN)目標が設定された。政府はこの目標をめざし放棄地の再利用を推進するため、すでにコロナ禍復興計画の6億5000万ユーロを割り当て、2021年にも大幅に増額したが、さらに今回、1億ユーロを追加した。資金は地域圏のプロジェクト募集(AAP)で選ばれる、放棄地や施設の取得・汚染除去・解体事業や、環境移行庁(ADEME)が募集する、旧工場や採掘場跡の汚染放棄地の再生事業に充てられるという。すでにAAPによる503プロジェクト(総額2億8000万ユーロ)が各地で進んでいる。首相は新たにADEME助成対象に選ばれた案件も追加拠出と共に発表した。
【フランス環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク