一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

フランス、化学部門の脱炭素ロードマップを公表

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2021.05.27 【情報源】フランス/2021.05.07 発表

 フランス政府と化学・材料戦略委員会は、化学部門の脱炭素ロードマップを公表した。ロードマップは、化学部門の排出を2030年までに2015年比で26%削減するとし、これをエネルギー効率の改善、熱生産の低炭素化、一酸化二窒素(N2O)やハイドロフルオロカーボン(HFC)の排出削減といった、すでに確立した低炭素技術で達成する道筋を示している。フランスは産業全体の温室効果ガス排出量を2030年までに2015年比で35%削減する目標を国家低炭素戦略(SNBC)で定めており、全産業排出量の約25%を占める化学部門の排出削減はこの目標達成に不可欠である。ロードマップはSNBCの目標に向けてさらに必要となる新技術、たとえば水素の低炭素生産、CO2回収・貯留・利用、産業プロセスの電化などの可能性についても検討している。2021年内にも発表予定の更新版ロードマップでは、この分析を充実させるとともに、化学・材料部門の排出のほぼ全体をカバーできるよう紙部門も対象に含めるという。【フランス環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク