一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

ドイツ 市街地における配送集約拠点と電気カーゴバイクの導入を支援するプログラムを開始

エコビジネス その他(エコビジネス)】 【掲載日】2021.03.05 【情報源】ドイツ/2021.02.15 発表

 ドイツ連邦環境省は、市街地に設置する荷物の集約・配送拠点である「マイクロデポ」と荷物の配送を目的とした電気自転車「電気カーゴバイク」を支援する助成プログラムを3月1日に施行することを公表した。ドイツ国内では、新型コロナウィルスの世界的流行による影響だけでなく、オンライン取引の増加により、市街地における配達輸送が増加している。配送量は年間約30億個にのぼり、配送車両の多くは歩道や自転車道に駐車し、排気ガスによる大気汚染の増加を引き起こしている。今回の助成プログラムにより、民間や自治体が参加する共同利用が可能な「マイクロデポ」の設置と電気カーゴバイクを用いた市街地における荷物配送の転換を支援する。
【ドイツ連邦環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース