一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

オランダ、2021年気候適応サミットをオンラインで主催

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2021.02.10 【情報源】オランダ/2021.01.25 発表

 オランダ政府は、2021年1月25〜26日に気候適応サミット(CAS)をオンラインで主催している。30人以上の世界のリーダーが参加し、気候変動に対する適応への資金援助や行動を発表した。アメリカのケリー気候問題担当特使は、バイデン政権が気候行動を最優先課題とし、意欲的な適応行動を推進すると述べた。国際通貨基金(IMF)は、4条協議(各国経済の年次評価及び協議)において気候行動の扱いを拡大し、金融部門評価に気候リスクを組み込むことを発表した。世界銀行は、アフリカの砂漠化に対処する「偉大なる緑の壁(Great Green Wall)」イニシアティブに50億ドル投資するという。アフリカ開発銀行(AfDB)と「適応に関するグローバルセンター(GCA)」は、農業、インフラ、若者、革新的資金調達に重点を置いた「アフリカ適応加速プログラム(AAAP)」を発表した。オランダは、後発開発途上国基金に気候変動への適応のために2000万ユーロ、サヘル乾燥地(Drylands Sahel)計画に持続可能で利益のある農業のため1億ユーロ追加投資する。
【オランダ社会基盤・水管理省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース