一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

世界気象機関、2019年のアフリカの気候状況を報告

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2020.11.12 【情報源】研究機関/2020.10.26 発表

 世界気象機関(WMO)は報告書「アフリカの気候の状況2019年版」を発表した。発表によると、アフリカ大陸の2019年の気温は、記録史上上位3位以内であった。海面上昇の世界平均値は年3〜4mmであるが、マダガスカルからモーリシャスを含む海域では年5mmを超えた。アフリカ西部では海岸浸食が著しく進行している。また、2019年は、南半球に記録史上最大級の被害をもたらしたサイクロン「イダイ」はじめ気象災害が多発した。南部は干ばつ、一方、拡大アフリカの角地域(アフリカ大陸東端の半島周辺)では2019年末の多雨で洪水と土砂崩れが起きた。サヘルと周辺地域も2019年5〜10月に洪水に襲われた。2020〜2024年の間、高温傾向は継続し、北部・南部で少雨、サヘル地域で多雨と予測される。
 気候変動は、アフリカ経済の柱である農業を直撃する。最悪のシナリオでは、2050年までに高温ストレスでキビ・アワ・ヒエなどの雑穀類、モロコシ、米、小麦はそれぞれ5%、8%、12%、21%減収する。アフリカ人口の60%、とくに女性が多く就業する農業への投資は、貧困削減と女性の地位向上に寄与し、クリーン技術の利用により有力な気候対策となる。気象・気候サービスへのアクセスの確保も重要である。
世界気象機関

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース