一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

イギリス 国立公園制度誕生から60周年

自然環境 自然公園】 【掲載日】2009.08.04 【情報源】イギリス/2009.07.24 発表

 イギリスのヒラリー・ベン環境大臣は7月24日、イギリスに国立公園制度を導入した法律(国立公園・田園地域アクセス法)の制定60周年を祝って、ピークディストリクト国立公園を訪問した。ここは1951年に指定された、イギリス最初の国立公園。広さ約1438平方キロメートルの公園内に、ムーアの大地や、森林、農地が広がり、約3万8000人の住民が暮らしている。
 ベン大臣は、国立公園が、そこに暮らし、働き、訪れる人々にもたらす恩恵を自ら確認。生息地の修復等各種事業に取り組むボランティアや科学者、地元企業の代表とも対談した。ベン大臣は、ピークディストリクトの美しい自然に触れた後、「法律制定から60周年を迎え、今も人々が生活し、働き、くつろげる場所であり続ける国立公園」が、環境への意識や責任が高まっている今日、持続可能で豊かな未来に向けて果たす役割は大きいと述べた。
 また、国立公園週間が7月27日から8月2日まで実施され、各国立公園において様々なイベントが開催される。【イギリス環境・食糧・農村地域省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク