一般財団法人環境イノベーション情報機構

森づくり宣言日本の森を守ろう!フォレスト・サポートクラブ

活動報告 2014

EICネット『森づくり宣言』2014年度 報告概要

 2011年9月、EICネットは、企業、団体、個人の皆様が、日本の森林を守り、CO2削減の活動に一歩踏み出すためのプロジェクト『森づくり宣言』を開始しました。環境省認証のオフセット・クレジット(J-VER)の購入を通じて、国内の健全な森の育成を支援するものです。

■2014年度下半期(2014/10~2015/3)

■2014年度上半期(2014/4~2014/9)


※森づくり宣言を実施することにより、ホームページ運営のサーバー稼働による温室効果ガス(CO2)の排出を1口あたり年間0.5t(注1)オフセットします。
 サーバー24時間365日稼動した場合の想定電力消費量を元にすると、年間50%以上のCO2排出量(注2)に相当する量となります。
 (注1)2011年度実績
 (注2)サーバーのCO2排出量
   データセンター向け省電力タイプのサーバー(インテルXeonプロセッサー)として算出しています。
   年間CO2排出量(kg-CO2)= 200kWh(消費電力)×0.555kg-CO2/kWh(CO2排出係数)×24時間×365日=972.35kg
   ※電力のCO2排出係数として暫定的に0.555kg-CO2/kWhを用いて算出

森づくり宣言で行った森林間伐

株式会社ミカド開発 取締役 角 裕樹 株式会社ミカド開発
取締役 角 裕樹
京都府京丹波町・和歌山県串本町

この度は「森づくり宣言」をご利用頂きありがとうございます。
皆様のホームページのサーバーが排出するCO2は、京都府の京丹波町と和歌山県の串本町の森林が吸収しています。
どちらの森林も林道が細く木材の搬出がままならないため、これまで荒廃しておりましたが、このJVER制度により、新たに温暖化対策としての森林整備が進むようになりました。
地域の森林所有者にも大変喜んでいただいており、代わって御礼申し上げます。


クレジット種類:森林吸収J-VER

 プロジェクト番号:0171
 プロジェクト実施地:京都府京丹波町・和歌山県串本町

 プロジェクト番号:0235
 プロジェクト実施地:長崎県長崎市等

調達・無効化プロバイダー:グリーンプラス株式会社