一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

イベント情報AJF アフリカひろば × アフリカンフィールド〜山・旅・水〜 森羅万象〜日本で感じるアフリカの山〜

AJF アフリカひろば × アフリカンフィールド〜山・旅・水〜 森羅万象〜日本で感じるアフリカの山〜

【カテゴリ】 自然環境 自然とのふれあい

【開催日】2008.09.20

【開催地】東京都



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
AJF アフリカひろば × アフリカンフィールド〜山・旅・水〜
森羅万象〜日本で感じるアフリカの山〜
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●


●講師:船尾修さん(登山家・写真家)

●日 時 :2008年9月20日(土)
集合:9:30 京王高尾山口駅 (10:00登山開始)
解散:18:00
※雨天の場合は別会場にて講演会を行います。

●アクセス :
JR中央線高尾駅下車後、京王電鉄高尾線乗換え 京王電鉄高尾線高尾山口駅下車
地 図 :http://www.takaotozan.co.jp/trafic/index.htm

●参加費 :一般500円、アフリカ日本協議会会員300円
●定員:20名

●申込み方法:件名を「アフリカン・フィールド〜山〜申し込み」とし、下記の申し込み票にご記入の上、9月19日(金)までにafrica-hiroba@ajf.gr.jpまでお申し込みください。(担当:近藤・奥村)
また、電話・FAXでも受付しております。(tel:03-3834-6902 fax:03-3834-6903)


● 日本は、古来から美しい自然に恵まれています。その美しい自然のひとつに雄大な山々があります。登山好きの方はそのいくつかに登られたこともあると思います。険しい道のりを経て頂上に到達したときの喜び、すがすがしさはひとしおですね。さて、アフリカの山はどうでしょう。アフリカの自然をイメージすると広大なサバンナや砂漠といった平地を思い浮かべる人も多くいるのではないでしょうか。みなさん。アフリカにも美しい山は沢山あるのです。

●今回はアフリカを30カ国以上旅されアフリカの山の魅力を知り尽くしている写真家であり登山家の船尾修さんと共に高尾山に登りながらハイキングを兼ねたレクチャーを行います。午前中は高尾山に登り頂上で昼食、その後下山し、スライドを用い船尾さんの写真を見ながら懇談会を行います。
高尾山の豊な動植物と触れ合いながら日本とアフリカの山の違いやアフリカならではの魅力など、これまで世界各国の山を登ってきた船尾さんのお話しを聞いてみませんか。きっと自然との共生のあり方が見つかるはず…。

【講師プロフィール】
〜船尾修さん〜
筑波大学生物学類卒業後、出版社に就職。社会人山岳会に所属し、登山にのめりこむ。2年半で退職し、旅に出る。この頃、写真に興味をもち独学。アルバイトで資金を作り、世界各地の岸壁や高峰を登る。その後フリーランスのフォト・ジャーナリストとして活動。これまでに訪れたアフリカの国は32カ国と1地域。代表的なアフリカの5000M峰、キリマンジャロ、ケニア山、ルエンゾリをはじめ、アフリカ辺境の知られざる山々にも広く足跡を印している。2001年1月より大分県国見町に移住し、米をつくりニワトリを飼う自給自足生活を試みながら、[日本の原風景]の撮影・取材を通して、[日本人とは何か]という新しいテーマにも取り組んでいる。2006年よりパキスタン北部地震復興支援のNGO「ウジャマー・ジャパン」を主宰。
登山記録:『アフリカ―豊饒と混沌の大陸 赤道編・南部編』や写真集:『UJAMAA―船尾修写真集』、近著『循環と共存の森から―狩猟採集民ムブティ・ピグミーの知恵』など本も多く出版。
詳しくは(船尾修オフィシャルサイトhttp://www.funaoosamu.com/

●アフリカンフィールドシリーズとして11月29日には、「一期一会〜アフリカの旅〜(仮)」と題して(株)道祖神の紙田恭子さんを講師に迎えた講演会を開催します!

■アフリカン・フィールド〜山〜・申し込み票<africa-hiroba@ajf.gr.jpまで>
---------------------------------------
○お名前
○ご所属(よろしければ)
○メールアドレス
○アフリカ日本協議会(AJF)会員・非会員
○このイベントの情報を知ったウェブサイト・メーリングリストなど
○企画に対する質問、アフリカについての関心事項など(あれば)

【登録日】2008.09.11

[NPO法人 アフリカ日本協議会]今後のイベント

登録者情報

【登録日】 2008.09.11

【登録者】アフリカ日本協議会