一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

イベント情報シンポジウム「ゾウと人が共に生きる未来へ向けて 〜現地のゾウに今、何が起きているか〜」

シンポジウム「ゾウと人が共に生きる未来へ向けて 〜現地のゾウに今、何が起きているか〜」

【カテゴリ】 自然環境 野生動植物

【開催日】2008.09.14

【開催地】大阪府


・主催:IFAW(国際動物福祉基金)
・後援:アフリカと神戸俊平友の会、ALIVE(地球生物会議)、エルザ自然保護の会、関西野生生物研究所、名前のない新聞

かつて、アフリカやアジアに広く生息していた、陸上最大の野生動物であるゾウ。
現在も彼らは、様々な危機に直面しています。
今日でも毎年およそ20000頭のゾウが、人間によって命を奪われています。
その大きな理由のひとつが、象牙を取るために行われている密猟です。
同時にゾウを守る保護官も密猟者によって多数命を落としている事実があります。
2008年8月現在、日本はワシントン条約事務局に「象牙取引国」として認定されている数少ない国(日本と中国)です。
今回、現地でゾウと人との共生に向けて尽力している、元ケニア野生生物局長でIFAW(国際動物福祉基金)国際ゾウ保護プログラム部長のマイケル・ワミチを迎え、「現地で人とゾウに何が起きているのか、日本で私たちにできることは何か」を、会場の皆様といっしょに考えていきたいと思います。

大阪開催 9月14日(日)
13:30〜16:30
大阪アカデミアB会場(定員50名)
(地下鉄中央線コスモスクエア駅シャトルバス5分
南港ポートタウン線ポートタウン西駅徒歩10分
大阪市住之江区南港北1−3−5 06−6612−7733)

講演:マイケル・ワミチ(IFAW・国際ゾウ保護プログラム部長)
司会:竹下信雄
通訳:高橋満彦・吉宗千枝

参加無料・逐次通訳あり

申込方法:ご芳名、ご所属先、E-mailをご記入のうえ、IFAW(国際動物福祉基
金)日本事務所まで
E-mail又はFaxでお申し込みください。
E-mail: ifaw.jp@etude.ocn.ne.jp
Fax: 042-420-7656
(定員超えて申し込みされた方には、こちらからご連絡いたします)

*詳細は下記のホームページをご覧下さい。
http://www.ifaw.org

【登録日】2008.08.25

[任意団体 IFAW (国際動物福祉基金)]今後のイベント

登録者情報

【登録日】 2008.08.25

【登録者】IFAW (国際動物福祉基金)