一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

イベント情報アフリカの昆虫食〜シロアリを巧みに利用する〜

アフリカの昆虫食〜シロアリを巧みに利用する〜

【カテゴリ】 自然環境 自然とのふれあい

【開催日】2008.03.29

【開催地】東京都


【募集期間】| 2008.03.07〜2008.03.29 イナゴや蜂の子を食べたことがありますか?日本はもちろん、世界のあちこちで重要な食料源として、虫を食べる文化が根付いています。昆虫は魚や肉と似てタンパク質や脂肪が豊富で、時には何よりも美味しいと言われます。虫を食べることは穀物の収穫が途切れる時期の栄養源としてだけではなく、人と自然が共存していく知恵を代々受け継ぐという文化的な側面もあります。

今月のアフリカひろばは、多摩アフリカセンター・八木繁実さんをお迎えし、アフリカ、西ケニアの農村を舞台に、シロアリとその産物の利用が、人々の生活にどのように役立っているのか?たくさんの写真とともに楽しい話をお聞きします。ぜひご参加ください!時間があれば、バッタやアフリカン・ポップスのお話もちょっぴり聞けるかも。

【八木 繁実(やぎ しげみ)さんプロフィール】
多摩アフリカセンター所長(代表)。専門 はアフリカ地域研究、応用昆虫学、昆虫生理学、農学博士。1979年よりケニアのICIPE(国際昆虫生理生態学センター)に関わり、ズイムシ、バッタ、マダニの寄生蜂、昆虫食などの研究に従事。99〜00年にはガーナ大学農学部勤務。一方、八木繁美としてアフリカン・ポップスの楽しさ、歌詞の面白さなどを実践調査。
【多摩アフリカセンター】
多摩市連光寺1-34-3
TEL:042-374-3245
*日本とアフリカの対等なパートナーシップを目指し、NGOとして現地の研究機関への助成や文化交流事業などを行なっています

アフリカひろばVol.26「アフリカの昆虫食〜シロアリを巧みに利用する〜」
講 師 :八木 繁実さん
日 時 :2008年3月29日(土)14:00-16:30(13:30開場)
会 場 :JICA地球ひろば セミナールーム302
住 所 :〒150-0012 東京都渋谷区広尾4-2-24
電話番号: 03-3400-7717 ファックス: 03-3400-7394
会場アクセス :東京メトロ日比谷線 広尾駅下車(A3出口)徒歩1分
※駐車場はありませんので車でのご来場はできません。
地 図 :http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html

参加費 :一般700円、アフリカ日本協議会会員500円
申込み方法:件名を「3月アフリカひろば参加申し込み」とし、下記の申し込み票にご記入の上、
africa-hiroba@ajf.gr.jpまでお申し込みください。(担当:近藤)

また、電話・FAXでも受付しております。(tel:03-3834-6902 fax:03-3834-6903)
主催 :(特活)アフリカ日本協議会
助成 :国際交流基金「平成19年度 日本で実施される異文化理解促進事業支援」

■3月アフリカひろば・申し込み票<africa-hiroba@ajf.gr.jpまで>
---------------------------------------
○お名前
○ご所属(よろしければ)
○メールアドレス
○アフリカ日本協議会(AJF)会員・非会員
○このイベントの情報を知ったウェブサイト・メーリングリストなど
○企画に対する質問、アフリカについての関心事項など(あれば)
---------------------------------------

【登録日】2008.03.07

[NPO法人 アフリカ日本協議会]今後のイベント

登録者情報

【登録日】 2008.03.07

【登録者】アフリカ日本協議会