一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

イベント情報●世界自然・野生生物映像祭2006 in 東京●

●世界自然・野生生物映像祭2006 in 東京●

【カテゴリ】 自然環境 野生動植物

【開催日】2006.09.24

【開催地】東京都



                       ご存知ですか?

                    アリが 農業することを                   
                  粘菌という 不思議な生物を                 
                   口の中で子育てする 魚を 
                  カバが 泉の神様と交わした約束を 

              9.11の悲劇の最中 全米が感動に沸いた
                   アメリカシロヅルたちの 奇跡の渡りを・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9月24日(日)有楽町朝日ホールで、東京初の
『世界自然・野生生物映像祭2006 in 東京』が開催される。様々な生命の営みが繰り広げられる一日。
世界中から集まったワイルドライフ・ドキュメンタリーの世界へようこそ!


■場所:有楽町・朝日ホール 11階、12階
■日時:9月24日(日)10:00開場、10:30開演(初回)、18:30開演(最終回)
■チケット:
「特別イベント券」(千石先生の映像とトーク):前売800円、当日1000円
「映画全日券」:前売2600円、当日3000円
「映画指定1回券」:前売800円、当日1000円



●世界自然・野生生物映像祭とは・・・●

世界自然・野生生物映像祭は、アジア・オセアニア地域最大のワイルドライフ映像祭として、
1993年から、2年に1度、北アルプスが聳える、富山の大自然の中で開催されてきました。
現在では、毎回、世界中から、延べ400本の作品、4万人の人々が集まるまでに成長し、
「東京でも見たい! 」という多くの声を受けて、今年ついに、東京での初上映が実現します。
今回の映像祭では、過去15年の映像祭の応募作品4000本の中から、
特に印象深かった選りすぐりの14作品を上映。

また、人気動物番組「どうぶつ奇想天外!」でおなじみの、動物学者・千石正一先生による
特別イベントも開催。普段目にすることのできない、さまざまな野生生物の珍しいエピソードや、
動物と自然と人間の共生について、楽しく学べます。


●ピックアップ上映作品●

◇『アリ〜秘められた自然の力』(写真)

働き者で有名なアリですが、その表面的な行動の裏で何を行っているのでしょうか?
家畜を飼ったり、巣の中に農園を持ちキノコを栽培したりと、種ごとの独特の生態があります。
昆虫とは思えない興味深いアリの生態を科学的に検証。
最後に現れる巨大な巣を見れば、アリの見方が変わります。

◇『皇帝ペンギンを追って』

昨夏、日本中の話題をさらった映画『皇帝ペンギン』の演出家本人による、
映画では紹介されなかった、知られざる極北での撮影奮闘記。
「ある日、自分がペンギンだか人間だかわからなく
なってしまった」というくらい密接な、
ペンギンたちと撮影隊の、ちょっぴり不思議な共同生活に、思わず惹き込まれます。

他、全14作品を上映します!

***************************************
前売り券はチケットぴあで発売中。  
主催:NPO法人 地球映像ネットワーク
お問い合わせ:03-5261-9908     
詳しくはホームページをご覧下さい! 
http//www.naturechannel.jp      
***************************************

【登録日】2006.09.12

[NPO法人 地球映像ネットワーク]今後のイベント

登録者情報

【登録日】 2006.09.12

【登録者】地球映像ネットワーク