一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境用語 赤道原則

作成日 | 2014.02.27  更新日 | 2014.02.27

赤道原則

セキドウゲンソク   【英】Equator Principles  [同義]エクエーター原則 

解説

開発などにともなう環境負荷を回避・軽減するため、プロジェクトファイナンスにおいて環境社会影響のリスクを評価し管理する、金融業界が独自に設定した自主ガイドライン。基準を満たさない案件に関しては融資を行わない。2003年6月制定。2011年12月現在、世界28カ国72の金融機関が採択している。検討段階の会議がロンドン近郊で開催されたことから、当初は「グリニッジ原則」と命名されたが、北半球・南半球を問わずグローバルに適用する原則にふさわしい名称として、エクエーター(赤道)原則(Equator Principles)に改められた。なお、動詞としてのエクエイト(Equate)には「基準に合わせる」意味もある。(2014年2月作成)

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト