一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 交通公害低減システム

作成日 | 2009.10.15  更新日 | 2015.01.23

交通公害低減システム

コウツウコウガイテイゲンシステム   【英】Environment Protection Management System  [略]EPMS  

解説

大気汚染状況や気象状況を考慮した交通情報提供や信号制御を行うことにより、道路交通に起因する公害を低減するとともに、自動車からの二酸化炭素を抑制することにより地球温暖化を防止しようとするシステム。

自動車の走行速度を一定に保ちつづけることにより沿道の大気汚染等を軽減できるという考えから、路側の汚染濃度が上昇した場合に信号による停止の回数を減少させるような信号制御を行うものであり、交通公害が社会的に問題となっている区域に導入が進められており効果が期待されている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト