一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境用語 生命中心主義

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

生命中心主義

セイメイチュウシンシュ   【英】Biocentrism  

解説

生態学的、地球中心主義的な世界観を強調する哲学のこと。

生命中心主義は、人間と自然を人間中心主義に見られるような「支配-被支配」という関係ではなく、有機的なつながりを持つ生態系の一員であるにすぎないとみなす。

人間以外の構成員は、自然の法則に忠実にしたがっているが、人間のみが自己利益のために自然の法則を無視していると考える。このため、人間は他の構成員に対して、道徳的義務を一方的に負わねばならず、生態系はその倫理的対象となる。

つまり、生命中心主義の立場における環境保護は、人間の利益のため行うものではなく、生態系それ自身がもつ価値を守るために行うこととなる。このような生命中心主義は、その後、自然の権利思想へと発展することとなった。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト