一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 ノグチゲラ

作成日 | 2003.09.10  更新日 | 2009.10.14

ノグチゲラ

ノグチゲラ   【英】Okinawa Woodpecker  

解説

キツツキ科の鳥類で1属1種の日本固有種。大きさはハトと同じくらい。沖縄本島北部の山地森林に生息する。スダジイの大径木で繁殖することが多い。

生息数は42つがい(池原、1981)または約100羽(1985年の環境省調査)と推定されている。生息地の森林は農地開発やダム建設により伐採され著しく減少している。1993年に、種の保存法(1992)にもとづく「国内希少野生動植物種」に指定され、また環境省のレッドデータブックでは絶滅危惧IA類(CR)とされている。環境省は1998年から、ノグチゲラが自然状態で安定的に存続できるよう、生息状況のモニタリング、生息環境の維持・改善、飼育下での繁殖など保護増殖事業を行っている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト