一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境Q&A

水素の爆発下限未満での警戒管理濃度について 

登録日: 2018年06月27日 最終回答日:2018年07月09日 健康・化学物質 その他(健康・化学物質)

No.41097 2018-06-27 10:52:40 ZWlb550 とくさん

水素ガスの発生を伴う施設では水素の爆発下限値(4%)に対して、その濃度に達しない様に下限値の50%とか30%で警報を鳴らすなど、管理濃度が設定されていると思います。

下限値の何%で管理しなさいという、法律や指針などがありますか?

宜しくお願いします

総件数 1 件  page 1/1   

No.41113 【A-1】

Re:水素の爆発下限未満での警戒管理濃度について

2018-07-09 20:59:52 Nobby (ZWlcf60

法律ではありませんが、
一般高圧ガス保安規則の機能性基準の運用について(内規)
に記載されています。


23.ガス漏えい検知警報設備及びその設置場所
      略
警報設定値は、設置場所における周囲の雰囲気の温度において、可燃性ガスにあっては爆発下限 界の 1/4 以下の値、酸素にあっては 25%、毒性ガスにあっては許容濃度値(アンモニア、塩素その 他これらに類する毒性ガスであって試験用標準ガスの調製が困難なものにあっては、許容濃度値の 2倍の値。1.6 において同じ。)以下の値とする。

http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/oshirase/2013/01/250110-1.html

回答に対するお礼・補足

回答ありがとございます。
高圧ガス設備ではありませんが、参考となる指標に出来ます。
ありがとうございました

総件数 1 件  page 1/1