一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境Q&A

ミルシートをIMDSデータとして使用できるか 

登録日: 2011年12月05日 最終回答日:2011年12月23日 健康・化学物質 その他(健康・化学物質)

No.37742 2011-12-05 14:12:09 ZWl727 みどり

お世話になります。
自動車部品メーカーのものです。

IMDS調査の為、鋼材メーカーよりミルシートを取り寄せていますが、ミルシートはIMDSデータとして使用できるのでしょうか?

IMDSのルールでは、@GADSL物質を含有している場合は、必ず報告
A成分の90%を開示。@以外の物質であれば、10%は機密に出来る。

ミルシートでは、@が網羅出来ていないような気がしてなりません。

どなたか、アドバイスを下さい。また、上記について公式見解された文章があれば教えて下さい。

総件数 5 件  page 1/1   

No.37744 【A-1】

Re:ミルシートをIMDSデータとして使用できるか

2011-12-05 22:50:32 筑波山麓 (ZWl7b25

「みどり」さんへ。

筑波山麓のホームページを作成しようと試みているのですが、年の性か、なかなか捗りません。内の女房殿には急ぐように急かされているのですが、急かされれれば、なおのこと立ち止まってしまいます。なにせ、守備範囲が思った以上に広く、かつ、目的も種々に広がり絞りきれない状態です。とりあえず、英国の試験法などを掲載しようかと思っておりますが、ままよと、こちらの回答に筆がすすみます。

過去のQ&Aに、回答、またはそれに近いものがあるかもしれません。「キーワードを指定」欄に「ミルシート」を入力し、「検索▲」をクリックしてください。
http://www.eic.or.jp/qa/?word=%83%7E%83%8B%83V%81%5B%83g&x=25&y=10
が出ます。
REACHに詳しい「cerha」さん、「ronpapa」さんの回答
http://www.eic.or.jp/qa/?act=view&serial=33544

また、以下のURLで、「レス」さん、「虚構の春」さん、「火鼠」さん、「tamagobuta」さん、「matsu」さん等々が、模範的な回答をしてくださっております。
http://www.eic.or.jp/qa/?act=view&serial=20443

ほかに、「REACH」、「IMDS」で検索されても、以下のような参考になるものが見れます。
http://www.eic.or.jp/qa/?act=view&serial=36495
http://www.eic.or.jp/qa/index.php?word=IMDS&x=24&y=16

以上ですが、これらをお読みになり、他の回答者のAをお待ちください。

回答に対するお礼・補足

筑波山麓さんへ

御礼が大変遅くなり本当にすいません。化学物質業務をずーっとやっていると何だか頭がおかしくなりそうで・・・・・。言い訳ですねごめんなさい。
情報展開ありがとうございます。

内容確認しましたが、正直に言うと自分の中で納得のいく回答が得られませんでした。

気になった回答として、「ICPデータとミルシートの違い」の中で「火鼠さん」のNo.20486がありました。
>まず、EUの要求事項を、ミルシートで、満足させられるか。できません。EUの要求はMSDSを出せなんて、いってません。規格に合ったもの以外の輸入は許しません。(以下略)
http://www.eic.or.jp/qa/?act=view&serial=20443

調査依頼先に問合せをしても、言葉を濁され・・・・・。
常識的に考えれば、1000以上もある物質を測定するのは不可能であり、そもそも普通に鋼材を生産していれば入らないと思いますが。なので、業界全体で暗黙の了解としてミルシートOKみたいな感じでしょうか?

深く追求してはいけないような気がしてきました。どこかで妥協すべきかなと。

No.37764 【A-2】

できます

2011-12-11 19:13:28 todoroki (ZWl7727

続きは筑波山麓 さんへの返信を拝見したあとで…。

回答に対するお礼・補足

todorokiさんへ

ご連絡が遅くなりまして本当にすいません。

「筑波山麓」さんへ、返信しました。
正直なところ、悩んでおります。
何か良い情報源がございましたら、ご教授いただければと思います。
よろしくお願い致します。

No.37822 【A-3】

できますが…

2011-12-21 21:07:34 todoroki (ZWl7727

自分自身のルールに基づいて、返信後一週間音沙汰ないので消すつもりでいました。
でも一旦 投稿者(みどりさん)からの返信がついてしまうと消せなくなるので、続きを書かせていただきます。
『ミルシートをIMDSデータとして使用できるか?』というご質問に対しての答えは、
「ミルシートをIMDSデータの一部として使用できますが、すべてではありません」です。
つまり必要条件ではあるが十分条件ではないということです。
おっしゃる通り 『IMDSのルールでは、
@GADSL物質を含有している場合は 必ず報告』 となっていますが、
ミルシートだけでGADSL物質は埋まるとは限らないからです。
気をつけなければならないのは、
1) 素材に関しては、供給会社からミルシートなどとともに添付されたデータでなければ、
 御社自らが分析する必要なし
2) 但し御社内の工程で生じうる物質については、御社の責任で証明する必要あり
ということです。

弊社も自動車部品会社なので、当初は自動車会社と喧々諤々議論しましたが、
最近は概ね1),2)のやり方に収斂しています。(続きます)

No.37823 【A-4】

できますが… その2

2011-12-21 21:24:20 todoroki (ZWl7727

IMDSは川の流れのようなものだと解釈しています。
御社や弊社の場合は川の中流、原材料会社が最上流で、
部品にいくつかの中流(いわゆる「サプライチェーン」)があって、
最も下流が自動車会社ということです。
我々中流は、
・上流からの流れを止めてはいけない(自分より上流からの情報はすべて抜け漏れなく提出)
・支流からの流れも同様(抜け漏れなく情報を束ねて下流に流す)
・自分の流れの中で作ったダムや淀み(=自社内工程)は自分で責任をもって証明(分析)
することが必要です。
上流から流れてきてもいないもの(情報)を余計に分析などしてしまうと、
下手すると それは「淀み」 すなわち自社責任になってしまい、それはずっと続きます。

最後に、『上記について公式見解された文章』ということでは、
たとえばこれらがひとつの参考になるかもしれません。
http://j-net21.smrj.go.jp/well/reach/qa/162.html
 および上記URLに貼られているJAPIAのリンク
http://j-net21.smrj.go.jp/well/reach/qa/244.html
 および上記URLに貼られているGADSLのリンク

回答に対するお礼・補足

todoroki さんへ

お世話になっております。
ご丁寧なご回答誠にありがとうございます。

良かれと思って自社分析なんてしたらとんでもない事になるのですね。

化学物質規制と各種業界の取組み方にはやはり釈然としませんが、自動車部品メーカーとしてはしょうがないですね。

ありがとうございました!!

No.37834 【A-5】

もうひとつだけ申し上げますと・・・

2011-12-23 20:18:38 todoroki (ZWl7727

弊社は、鋼材に限らずあらゆる原材料や素材を納入していただく際、
ミルシートとともに「GADSLテーブル(仮称)」を提出していただきます。
ここにあります
http://j-net21.smrj.go.jp/well/reach/column/080822.htmlの(4)の.xlsデータシート

ここに列を追加して、
P:すべての用途において禁止
D/P:使用目的によっては禁止、その他については申告が要求される
D:閾値を超えて使用する場合は申告が要求される
などの記号と、
使用している場合はその目的や用途、重量比率などを記入していただくわけです。
提出していただけない会社の分は「未提出」とします。
これを全部品ごとに、まとめて ミルシートなどと一緒に自動車会社へ提出します。
こうしておくとGADSLテーブル未提出の会社はすぐわかるので、
自動車会社から指摘された場合でも川(すなわちサプライチェーン)を遡ればいいだけです。
データのやりとりが滞ることもなく、ましてや自社内で分析する必要もありません。

回答に対するお礼・補足

todorokiさんへ

ミルシート+GADSLテーブルの件、情報ありがとうございます!!
とても良いですね。
(返信が遅れてすいません、会社でしかメールが見れないためです)

とにもかくにも、川中メーカーとしては、川上メーカーに情報展開と調査依頼をする事が大事なのですね。

色々とありがとうございました。

各業界でもう少し連携が進むといいなぁと思いつつ。。。

総件数 5 件  page 1/1