一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境Q&A

RoHS規制対象物質の分析について 

登録日: 2007年08月21日 最終回答日:2007年08月22日 健康・化学物質 その他(健康・化学物質)

No.24449 2007-08-21 04:47:08 環境太郎

 RoHS規制の対象物質の分析について、ご教授いただけないでしょうか。
 対象物質のうち、鉛、カドミウム、水銀、六価クロムを、同一の
分析方法で測定することが出来るのでしょうか。
 素人の質問ですみません。

総件数 2 件  page 1/1   

No.24479 【A-1】

Re:RoHS規制対象物質の分析について

2007-08-22 21:04:02 火鼠

> RoHS規制の対象物質の分析について、ご教授いただけないでしょうか。
> 対象物質のうち、鉛、カドミウム、水銀、六価クロムを、同一の
>分析方法で測定することが出来るのでしょうか。
> 素人の質問ですみません。
答えの。究極は、無理です。怒っているのでは、ありません。聞く前に、前の質問にないか検索してみてください。素人だし、初めてだから、何聞いてもいいんだ〜では、ここは、電話相談室か、昔のラジオ番組(子供相談室みたい)

回答に対するお礼・補足

 回答ありがとうございました。
確かに安易な質問だったようです。
またお願いいたします。

No.24481 【A-2】

Re:RoHS規制対象物質の分析について

2007-08-22 23:16:09 isisan2

どのくらいの回答を期待しておられるかが分かりませんので
ちょいと的を外すかも知れませんが・・

蛍光X線を用いて調べる方法があります。細かい説明をするよりは
蛍光X線で検索した方が早いでしょう。

残念ながら万能のものではありません。例えば六価クロムが見れるか?と
聞かれれば、クロムは見れますが六価かどうかは分かりません。
総クロムを見ることになります。
そのため、総クロムが仮に全て六価クロムであったと仮定しても
基準値を下回るときはRoHS対応と言えますが、そうでない場合
は、この方法のみでは判定できないことになります。
同様に特定臭素系難燃剤も臭素無しならばRoHS対応とは言えますが、
特定ではない通常の難燃剤に臭素はまだまだ多く使われていますので
難燃性を付加したプラスチックには有効でない場合が多いです。
水銀、カドミウム、鉛に対しては有効です。

非含有保証書を出してもらっている製品の抜き取り検査という
ような「大丈夫なことを一応確認する」といった用途にはそれなり
の効果があると思います。

火鼠さん
環境に関する正当な質問だと思いますよ。Q&Aサイトですから
テーマを外していない限り何聞いても良いのでは?
それに「素人」は質問者さんの謙遜であって実際には素人では
ないと思われます。特定臭素系難燃剤に関しては厄介だという
ことをご存知だから質問から外しているのだと思われますし。

回答に対するお礼・補足

 ご回答ありがとうございます。
丁寧な御説明で判りやすいです。
分析データを作成する為の検索をしておりまして
化学の知識が乏しいので、的を絞った質問では
ないようでした。
 とても参考になります。すみませんでした

総件数 2 件  page 1/1