一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境Q&A

イソプロピルアルコールをアロマに使用する健康被害は? 

登録日: 2007年02月08日 最終回答日:2007年02月08日 健康・化学物質 その他(健康・化学物質)

No.21036 2007-02-08 09:05:30 haruki

ランプベルジェ社のアロマオイルで内容がイソプロピルアルコール90%精油3〜5%残りは水とゆうものを、ランプで炊くのですが、そのときに発生する蒸気?を吸い込むと健康被害があるとかないとかいろいろな意見がネット上でとびかっているのですが、本当のところはどうなんでしょうか?販売者はこれを炊くと、マイナスイオンが発生し、空気清浄機の代わりにもなり、防虫殺菌効果もあり、各精油により健康面でいろいろな効果があると言っているのですが、どなたか薬品に詳しい方教えてくださいm(_)m

総件数 2 件  page 1/1   

No.21037 【A-1】

Re:イソプロピルアルコールをアロマに使用する健康被害は?

2007-02-08 10:21:40 匿名

イソプロピルアルコールは消毒用などとしても用いられる薬品です。
スプレー剤などにも含まれており、エタノールより安いですがエタノールよりやや毒性が強いです。

まぁ少量を使う程度なら問題無いと思います。

詳しくは↓
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/10/dl/s1028-8d.pdf

それよりむしろ気になるのは、

>マイナスイオンが発生
何をもってマイナスイオンと言ってるか知りませんが、こういうのを謳っているのは“あるある”なみに怪しいですよ。
出ませんから。。。

>空気清浄機の代わりにもなり
これも何を持って空気清浄と言ってるのか知りませんが、空気中のゴミは取れませんし、アレルゲンも減少しません(そんなことも言ってます)。
臭いは誤魔化されて消えたように感じるでしょうが。


ランプベルジュ社はフランスの真っ当な会社ですが、日本で販売されているのはマルチ紛いですよ。

実際販売員の言っている事も、怪しすぎます。

回答に対するお礼・補足

詳しい説明でよくわかりました。
たいした害はないようですが、やはり販売員がか言ってることが怪しいので返品することにしました。
有難うございましたm(^0^)m

No.21040 【A-2】

Re:イソプロピルアルコールをアロマに使用する健康被害は?

2007-02-08 13:46:16 環境プロテクター

マイナスイオンの正体は何でしょうか?(詳しい方がいたら、コメントお願いしたいです。)ある時は酸素や窒素が帯電した物質、滝周辺のように水滴が豊富な空気、フィトンチッドのような化学物質(これは良いのかと期待らしきものはある)、オゾンや窒素酸化物等(これは危ない)、更にはマイナスイオンが豊富な水(?)まであります。(まだ売っている商品もあるので、これ以上は書けません)。もし、健康に良いとの効果を謳ったら、薬事法にひっかかりますが、それほど効くものなんでしょうか。一般論ですが、正体のわからないものは、健康、環境どちらの面でも敬遠すべきと思います。

回答に対するお礼・補足

疑わしいものには近寄らないほうが賢明ですね。
まだ保障期間内だったので今日返品します。
回答有難うございましたm(^0^)m

総件数 2 件  page 1/1