一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

欧州委員会、官民連携によるグリーン技術プロジェクト案件の募集開始を報告

エコビジネス 環境技術】 【掲載日】2022.02.03 【情報源】/2022.01.11 発表

 欧州委員会は、ビル・ゲイツ氏設立の「ブレークスルー・エナジー」によるクリーン技術展開促進プログラム「ブレークスルー・エナジー・カタリスト」が、欧州を拠点とする革新的なグリーン技術プロジェクトの提案依頼を公表したと報じた。これは、同プログラム、欧州委員会、及び欧州投資銀行が2021年11月の国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)で立ち上げた「EU−カタリスト・パートナーシップ」の大きな第一歩である。このパートナーシップは、欧州グリーンディールの目標、及びEUの2030年気候目標・2050年気候中立の実現に資する技術の展開・商用化加速のため、2022〜2026年に10億ドル(約8億2000万ユーロ)を動員。クリーン水素・持続可能な航空燃料・直接空気回収・エネルギーの長期貯蔵を支援対象分野とし、官民が連携して大規模な実証プロジェクトに投資する。同パートナーシップへのEU資金は、ホライズン・ヨーロッパ等から拠出され、公的資金1ユーロに対し民間資金3ユーロを呼び込むと想定されている。
【欧州委員会】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース