一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

ベトナム、ローズウッドの保全計画を検討

自然環境 生物多様性】 【掲載日】2022.05.11 【情報源】/2022.04.18 発表

 ワシントン条約絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約CITES)によると、ベトナム政府は、ローズウッド2種(ケランジィ及びテチガイシタン)の管理保全計画を検討中である。計画は自然保護開発センターが提案した。ローズウッドは、その耐久性や腐食・シロアリ耐性のため、過去20年に家具や調度品の材木として国際取引で急激に需要が高まった。それが過剰な伐採や違法取引につながり、いまやローズウッド2種は同国の自然の分布域からほとんど姿を消し、一部が国立公園等に残存するのみとなっている。同国には現在ローズウッドの保全計画がなく、集中的な植林地もない。
 今回の計画案は、2035年までを対象に、野生個体群の調査、マッピング、データベース化に始まり、10ヘクタール以上の植樹、200ヘクタールの森林再生促進区域の設置等を盛り込む。計画は地域社会とともに実施し、ローズウッド2種の持続可能な利用や違法取引撲滅に関する意識向上も目指す。
ワシントン条約

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース