一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

積水化学、CDP「気候変動」および「水セキュリティ」両部門でAリスト企業に選定

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2022.01.14 【情報源】企業/2021.12.08 発表

 積水化学工業株式会社は2021年12月7日、国際環境非営利団体CDPより、2021年の「気候変動」および「水セキュリティ」の両部門でAリスト企業に選定された。「気候変動」部門は4年連続、「水セキュリティ」部門は2年連続のAリスト企業への選定となる。
 CDPは、企業に環境情報開示、温室効果ガス排出削減、水資源保護、森林保護を他に先駆けて働きかける国際環境非営利団体。2021年は世界の590社強の投資機関および200社強の大手購買企業がCDPのプラットフォームを通じた環境情報の開示を求め、約13,000社の企業と約1,100の自治体がこれに応じたもの。
 同社は、気候変動課題に対する取り組みとして脱炭素社会の実現を目指している。2050年に企業活動における温室効果ガス排出量をゼロにする長期目標を設定し、バックキャストした2030年には購入電力を100%再生可能エネルギーに転換することを目指していく。
【積水化学工業株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース