一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

第一回持続可能な開発に向けた環境教育国際シンポジウムを開催へ

環境学習 その他(環境学習)】 【掲載日】2004.04.27 【情報源】/2004.04.09 発表

 ラファラン首相の後援により、「持続可能な開発に向けた環境教育(EEDD)第一回国際シンポジウム」が、4月14日・15日、国立自然史博物館の大ギャラリーで開催される。EEDDについて首相の顧問を務めるミシェル・リカール教授のコーディネートにより、環境教育関連省庁と国立自然史博物館とが連携して開催する。シンポジウムは、2003年6月に政府が策定した「持続可能な開発全国戦略」の実施の一環となるものである。
 シンポジウムでの発表者は、国立自然史博物館の事務局長、フランスWWF会長、持続可能な国土整備委員会会長、UNESCOの事務局長など。また、教育担当大臣、エコロジー持続可能な開発大臣、青年・スポーツ担当大臣、研究担当大臣も参加し、閉会式にはトキア・サイフィ閣外大臣が立ち会う。シンポジウムには、教育関係者、地方公共団体、各種団体の代表、経済・社会分野の教育者が集まり、EEDDに関する計画、行動提案などについて意見交換を行なう。
 これらの作業により、以下のような事項に関する勧告と提案が導き出されることが期待されている。
・2003年9月から始まった実験的な環境教育を、全国レベルでの環境教育に拡大(2004年9月から)
・国立自然史博物館に、持続可能な開発に向けた環境教育全国モニタリングセンターを設置
持続可能な開発に向けた環境教育用の全国テキストの作成
・欧州諸国、フランス語圏諸国との連携の促進
持続可能な開発教育に関する「UNESCO 2005-2014」へのフランスの参加
【フランス エコロジー持続可能な開発省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース