一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

ライオン、使用済み包装容器の回収プラットフォーム構築に向けた実証実験に参加

ごみ・リサイクル リサイクル】 【掲載日】2022.08.03 【情報源】企業/2022.06.14 発表

 ライオン株式会社は、持続可能な環境と社会の実現に向けて、プラスチックの高度な資源循環に取り組んでいる。このほど同社は、一般社団法人日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)会員企業と主要日用品メーカーによる推進協議会が実施する、使用済み包装容器の回収プラットフォーム構築に向けた実証実験に参加する。神奈川県横浜市内のドラッグストア31店舗に回収ボックスを設置し、6月30日から半年間の予定で使用済み包装容器の回収を行う。

 今回の実証実験では、使用済み包装容器の回収プラットフォームの構築に向けて、店頭回収から再生品を作成するまでの技術的な問題点等の課題の洗い出しを行う。また、生活者に対しては、SDGsですぐに実践できることやサーキュラーエコノミーへの参加を呼びかけ、生活者とともに、日用品のリサイクルが当たり前の社会を実現していく。
【ライオン株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク