一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

国際再生可能エネルギー機関、グリーン水素の国際貿易が脱炭素化やエネルギー安全保障に重要と報告

エネルギー 再生可能エネルギー】 【掲載日】2022.07.26 【情報源】国際機関/2022.07.07 発表

 国際再生可能エネルギー機関(IRENA)は新たな報告書を公表し、水素の国際取引が、より多様化した回復力のあるエネルギーシステムの構築に大きく寄与し、1.5℃目標の実現への重要な手段となりうると報告した。IRENAによれば、水素は2050年までに世界のエネルギー需要の12%を満たし、CO2排出量を10%削減するという。技術の成熟と製造規模の拡大に伴って、2050年には世界の水素需要の4分の1が国際的な取引によって満たされ、各国が安価な水素を利用することができるようになるという。水素貿易の拡大には製造・輸送コストの削減が不可欠であり、各国政府が技術革新、政策による支援、規模拡大のための取組を推進する必要があると報告書は指摘する。国際的に取引される水素の半分は既存のガス用のパイプラインを転用して輸送し、残りの半分はアンモニアの形で海上輸送することができるという。水素部門への投資は今後増えると予測されるが、世界の水素需要に応えるには2050年までに4兆ドルが必要だと報告書は述べている。
国際再生可能エネルギー機関

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース