一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

東京ガス、非FIT/FIP向け再エネ需給調整サービスを開始

エネルギー 再生可能エネルギー】 【掲載日】2022.06.22 【情報源】企業/2022.04.18 発表

 東京ガス株式会社は、再生可能エネルギー(以下「再エネ」)電源の普及・拡大を目指し、非FIT/FIP再エネ電源を取り扱う再エネ発電事業者向けの需給調整サービスを開始した。

 再エネは、FIT等の政策的支援により、日本においても急速に拡大する一方、再エネ賦課金の国民負担増を背景に、2022年4月からはFIPが開始され、再エネを自立した電源として普及させていく流れが進んでいる。このような事業環境変化の中、再エネ事業者において、FITでは意識する必要のなかった需給調整業務等の負荷の増加が想定されている。

 本サービスは、非FIT/FIP再エネ電源開発における再エネ事業者の主な課題である需給調整業務・市場取引業務等の負担を軽減すべく、東京ガスが、@電気および非化石価値の買い取りを行うとともに、A再エネ発電予測・発電計画の作成・提出と、Bインバランス費用の負担を行うサービスとなっている。
 さらに、最大20年間の長期のサービス提供により、再エネ事業者の投資予見性の向上に貢献していく。

 東京ガスグループは、経営ビジョン「Compass2030」において、「CO2ネット・ゼロ」への挑戦および「価値共創」のエコシステム構築を掲げている。FITからFIPへの移行をはじめとした再エネの事業環境変化を捉え、さまざまなパートナー企業との協業により再エネの普及拡大を推進し、持続可能な社会の実現に貢献していく、としている。
【東京ガス株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース