一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

化学的酸素要求量、窒素含有量及びりん含有量に係る第9次総量削減基本方針(東京湾、伊勢湾及び瀬戸内海)を策定

地球環境 海洋汚染】 【掲載日】2022.01.25 【情報源】環境省/2022.01.24 発表

 環境省は、昭和54年以来、8次にわたり、汚濁負荷量の削減目標、目標年度等の基本的な事項を総量削減基本方針に定め、関係都府県と連携して、東京湾、伊勢湾及び瀬戸内海汚濁負荷量の削減に取り組んでいる。
 今回、第9次となる化学的酸素要求量窒素含有量及びりん含有量に係る総量削減基本方針を策定した。
 第9次基本方針では、目標年度を令和6年度と定め、各指定水域において、以下の観点から汚濁負荷の削減に係る施策を推進することにより、削減目標量の達成を図ることとしている。

 [1]東京湾・伊勢湾は、窒素及びりんの環境基準の達成状況を維持しつつ、生物多様性・生物生産性の視点においても望ましい水質を目指すとともに、貧酸素水塊の発生抑制等の観点から水環境改善を図る。

 [2]瀬戸内海のうち、大阪湾においては、湾全体としては現在の水質を維持するための取組を継続しつつ、湾奥部における赤潮貧酸素水塊など、問題が発生している特定の海域において、局所ごとの課題に対応することとし、大阪湾を除く瀬戸内海においては、現在の水質を悪化させないこととする。

 詳細はプレスリリース参照。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース