一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

損保ジャパン、脱炭素社会実現へ東京電力ベンチャーズに対する仮想発電所(VPP)向け保険の提供開始

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2021.12.10 【情報源】企業/2021.11.04 発表

 損害保険ジャパン株式会社は、東京電力ベンチャーズ株式会社の協力のもと、VPP(Virtual Power Plant)の普及をサポートする専用保険の提供を開始した。
 両社は、脱炭素社会の実現に向けた各種課題を解決するサービスの開発において、さらなる連携・共創を進め、日本のカーボンニュートラルの構築に貢献していく。
 東京電力ベンチャーズが培ってきた知見・経験を分析・評価することによって、損保ジャパンはさまざまな電力リソースを束ね電力供給量を調整・管理する VPP アグリゲーターの事業リスクを軽減する保険を設計した。VPP 事業では、アグリゲーターが要請された電力需給調整力を提供できなかった場合、追加費用の支払いが生じる。本専用保険は、自然災害や電気的機械的事故などによる設備への損壊をはじめ、サイバー攻撃、取引先の倒産など、不測の事由に起因して発生した追加費用を補償することで、アグリゲーターの積極的な VPP 参加および恒久的な ERAB 発展を促すことを目指すもの。
【損害保険ジャパン株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース