一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

トヨタ、今後約10年間で米国での車載用電池生産に約3,800億円を投資、カーボンニュートラルに向けて電動化を着実に推進

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2021.11.18 【情報源】企業/2021.10.18 発表

 トヨタ自動車(株)は、カーボンニュートラルの実現に向けて、一層の電動化を推進するため、米国において2030年までにBEV用を含む車載用電池の現地生産に約3,800億円(約34億ドル)を投資することを発表した。なお、この投資は、2021年9月に公表した、2030年までにグローバルにおける電池供給体制の整備と研究開発を行うための投資約1.5兆円の一部となる。(用地・建物の費用を除く)
 車載用電池の現地生産に向けた取り組みを推進する第一歩として、トヨタの北米事業体であるToyota Motor North America, Inc.(TMNA)が、豊田通商(株)とともに米国で新会社を設立し、2025年からの稼働を目指していく。なお、本プロジェクトでは、2031年までに約12億9,000万ドル(約1,430億円、用地、建物の費用を含む)の投資と、現地での新規雇用1,750人を見込んでいる。
【トヨタ自動車株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース