一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

富士フイルム、磁気テープ活用による「データセンターの脱炭素化」の実現に貢献

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2021.11.12 【情報源】企業/2021.10.20 発表

 富士フイルム株式会社は、一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)が設立した「Green x Digitalコンソーシアム」に参画したことを発表。
 調査会社のインターナショナルデータコーポレイション(IDC)によると、データ量の増大によりエネルギー消費量が増加し、CO2排出量の増加も招くことが報告されている。
 磁気テープは、大容量データを低コストで安全に長期保管できることに加え、特にデータの保管時に常時通電する必要がないことから、環境負荷を大幅に低減するデータストレージソリューションとして注目されており、IDCが発行するホワイトペーパーにおいても、磁気テープストレージを活用していくことの必要性が提言されている。
【富士フイルム株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース