一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

三菱ケミカル、生分解性樹脂コンパウンドが海洋生分解認証を取得

地球環境 海洋汚染】 【掲載日】2021.10.07 【情報源】企業/2021.09.15 発表

 三菱ケミカル株式会社は、同社の生分解性樹脂コンパウンド FORZEAS(フォゼアス)が、海洋生分解認証「OK biodegradable MARINE」の認証を取得したと発表した。
 同製品の一部グレードが、海水中(30℃)の生分解度が6か月以内に90%以上であることという条件を満たし、微生物の活性を測定する生態毒性の試験でも基準をクリアした。
 FORZEASは、他の生分解性樹脂や添加剤と組み合わせることで、性能や成形性をそれぞれの用途に適するように調整した樹脂コンパウンド。
 微生物の力で水と二酸化炭素に分解されるため、プラスチック廃棄物の削減にも貢献する環境負荷の少ない素材である。
 近年、プラスチックによる海洋汚染が世界的な問題となっており、今回の海洋生分解認証取得を契機に、食品包装材や 3D プリンティングを利用した漁具など新たな用途への展開を目指していく。


【三菱ケミカル株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース