一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

欧州環境庁、欧州の大気中汚染物質濃度は依然として高水準と報告

大気環境 大気汚染】 【掲載日】2021.10.07 【情報源】EU/2021.09.21 発表

 欧州環境庁(EEA)は、欧州の大気質の状況について、2019年確定値と2020年暫定値を発表した。大気中汚染物質濃度は依然として高い水準にあるという。
 EEAメンバー国(EU加盟国+5ヶ国)、協力国等計40ヶ国のうち、2019年に大気中濃度がEU大気質指令の限界値を上回ったのは、粒子状物質(PM10)は21ヶ国、微小粒子状物質(PM2.5)は7ヶ国、地上オゾン(O3)は24ヶ国、二酸化窒素(NO2)は22ヶ国であった。WHO空気質ガイドライン2005年版の指針値は、EU指令よりおおむね厳しいため、WHO指針値を上回る国はこれよりさらに多い。
 地域的には、大都市住民の道路交通起源のNO2曝露、欧州中・東部の固形燃料(木材、排泄物、石炭等)からの粒子状物質とベンゾ[a]ピレンの発生、欧州南部の汚染物質が太陽光・熱と反応して発生する地上オゾンの高濃度が問題である。
 2020年は気象条件と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)蔓延による経済停滞の影響で大気質は改善した。確定値は2021年後半に発表される。
【欧州環境庁】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース