一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

葛飾区、「食べきり・使いきりメニュー」を動画で紹介

ごみ・リサイクル その他(ごみ・リサイクル)】 【掲載日】2021.06.23 【情報源】地方自治体/2021.06.01 発表

 葛飾区では、年間約2,531万トンとされる日本における食品廃棄物のうち、約600万トンと推計されている「食品ロス」を減らし、生ごみの減量を目指すため、「食べきり・使いきりメニュー」を動画で公開している。
 食べきり・使いきりメニューとは、
 (1)食材の保存方法
 (2)保存野菜の使い方とおすすめレシピ
 (3)捨ててしまう部分の活用法
 (4)料理のリメイク
 などのレシピで、家庭から排出される生ごみの減量を目指して、東京聖栄大学が作成したもの。
 東京都を含む九都県市が共同で食品ロスを削減するために実施しているキャンペーン「もっと!食べきりげんまんプロジェクト」も紹介している。
【葛飾区】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク