一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

(仮称)あつみ第二風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を提出

環境行政 環境アセスメント】 【掲載日】2020.11.09 【情報源】環境省/2020.11.06 発表

 環境省は、「(仮称)あつみ第二風力発電事業計画段階環境配慮書」(中部電力株式会社)に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出した。
 この事業は、愛知県田原市において、最大で出力21,000kWの風力発電所を設置するもの。

 環境大臣意見では、
 (1)現地調査により自然度の高い植生等が存在する区域及び希少な植生の生育範囲を明らかにした上で、植物及び生態系への影響について予測及び評価を行うこと、
 (2)「国立・国定公園内における風力発電施設の審査に関する技術的ガイドライン」に基づき、当該国定公園区域の主要な眺望点からの景観を著しく妨げ、眺望の対象に著しい支障を及ぼす風力発電設備等の配置等を回避することができない場合は、対象事業実施区域の見直し及び基数の削減を含む事業計画の大幅な見直しを行うこと
 等を求めている。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース