一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

ドイツ 学校教育現場における温室効果ガス排出削減プロジェクト「気候・生徒会」を支援

環境学習 その他(環境学習)】 【掲載日】2016.12.26 【情報源】ドイツ/2016.12.05 発表

 ドイツ連邦環境省は、学校における温室効果ガス排出削減を目指すプロジェクト「気候・生徒会」を支援することを公表した。プロジェクトは、学校に通う青年自身が、それぞれの環境を作り上げ、責任を担うために、青年に気候保護への共感とモチベーションを与えることを目標にしている。参加者は、気候保護プロジェクトの計画から実行まですべてのプロセスに関わり、独自の解決策の開発が求められる。120人の青年が気候相談員としての教育を受け、新たな学校で気候保護プロジェクトを実行する際に、現地の学校の生徒を支援する役割を担う。プロジェクトは、社団法人である生徒会支援協会が、ドイツ民主主義教育協会や教育財団などと共同で実施する。連邦環境省は、プロジェクトに対し、今後3年間、国家気候保護イニシアティブの枠組みから83万ユーロを拠出する。【ドイツ連邦環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース