一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

子供環境ワールドカップ ’2002を開催

環境学習 こどもの環境学習】 【掲載日】2002.04.05 【情報源】/2002.03.26 発表

 ドイツ連邦環境大臣トリッティン氏は、3月26日、生物保護と自然保護をテーマにしたコンテスト「環境ワールドカップ ’2002」の開催を宣言し、参加を呼びかけた。参加対象は、ドイツ全土で約60000ある、子供(6歳〜12歳)のサッカーチームである。「ドイツで一番人気のスポーツであるサッカーを通じ、若者に『環境保護と自然保護は楽しいもの』と実感してもらうことがコンテストの目的」とトリッティン氏は説明した。
 「環境ワールドカップ」の概要は次のとおり。
 自然保護、生物保護に関する様々な質問に、チームで解答する。そして、それぞれのチームのサッカー場の「環境チェック」などの環境保護活動を行う。全ての質問に正解したチームや積極的な環境保護を行ったチームは、勝者となる。そのうち100の優秀チームには、賞として、このコンテストマスコット「オオヤマネコのドンカトー」のイラスト入りのユニフォームが、選手全員にプレゼントされる。さらに4つの最優秀チームは、ブンデスリーガの人気選手Otto Addo氏を招いて開催されるサッカートーナメントに出場できる。
 このコンテストは、2002年の5月30日に終了する。【ドイツ連邦環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク