一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

イベント情報環境学習施設ネット(ELCNet)第1回研究会 みんなに利用してもらえる施設にするには 〜「すぎなみ環境情報館」の利用者マーケティングについて〜

環境学習施設ネット(ELCNet)第1回研究会 みんなに利用してもらえる施設にするには 〜「すぎなみ環境情報館」の利用者マーケティングについて〜

【カテゴリ】 環境学習 その他(環境学習)

【開催日】2006.02.24

【開催地】東京都


【募集期間】| 2006.01.18〜2006.02.24
環境学習施設ネット(ELCNet)第1回研究会
みんなに利用してもらえる施設にするには
〜「すぎなみ環境情報館」の利用者マーケティングについて〜


 全国各地の環境学習・情報センターの支援を目的に設立された、環境学習施設ネットの第1回研究会のご案内です。今回は、東京都杉並区の「すぎなみ環境情報館」を会場に、来館者増加に向けた取り組みと施設見学を行います。
 「すぎなみ環境情報館」がある「あんさんぶる荻窪」は、環境学習の他に児童館、消費者センター等の機能を含んだ複合施設として2004年に建設された施設です。全体は6階建て、環境情報館は4階にあります。環境情報館の施設は、学習プログラムを実施する環境学習室や情報資料コーナーの他、自然学習ができるビオトープや屋上緑化庭園等も整えられています。学習プログラムは区内の約20の環境市民団体の連絡会によって年間100回以上行われており、環境情報館への来場者は1ヶ月当たり約24,000人です。
 しかしオープン当初は、環境活動を専門的に行っている人を対象とした施設であったため、利用者は非常に少ない人数でした。そこで多くの人に利用してもらえる施設にするため現在のように改善しましたが、そこにはどんな苦労や努力があったのでしょうか。今回は「みんなに利用してもらえる施設にするには」をテーマに、施設の改善に先頭に立って取り組まれた小山館長の話を伺いながら、ディスカッションを進めてゆきたいと思います。多くの方の参加をお待ちしております。

○日時:2月24日(金) 14:00〜(2時間程度)

○場所:すぎなみ環境情報館
     東京都杉並区荻窪5-15-13 あんさんぶる荻窪4階
地図:http://www.kankyou.city.suginami.tokyo.jp/ensemble/ensemble.html#map

○スピーカー:小山登美夫氏(すぎなみ環境情報館館長)

○定員:30名※当日は、施設の見学もいたします。

○参加費:1000円(ELCNet会員500円)参加費は当日でいただきます。


【お申込み・お問い合わせ先】
 お電話、FAX又はメールにて、下記までお申し込みください。

 ELCNet事務局((株)ダイナックス都市環境研究所内)
 担当:碇(いかり)・佐久間
 電話03-3580-8221 FAX03-3580-8265
 E-mail:elcnet@dynax-eco.com

【登録日】2006.01.18

[任意団体 環境学習施設ネットワーク]今後のイベント

登録者情報

【登録日】 2006.01.18

【登録者】環境学習施設ネットワーク

この情報の修正・削除