一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

イベント情報NGO・企業のための環境省重点事項ブリーフィング 〜17年度環境省の重点施策について〜

NGO・企業のための環境省重点事項ブリーフィング 〜17年度環境省の重点施策について〜

【カテゴリ】 環境行政 法令/条例/条約

【開催日】2005.02.10

【開催地】東京都


環境パートナーシップオフィスでは、環境省の政策について、予算、法律、税制等の政策立案・実施の節目のタイミングをとらえ定期的に「環境省重点事項ブリーフィング」を開催し、NPO/NGO、企業の担当者への説明、意見交換を行っています。2月10日に第3回ブリーフィングを開催します。今回は、政府予算案が国会に提出されたことを受け、17年度に実施予定の政策に関し予算案、税制、法案などの具体的な施策について、説明・意見交換を行います。

【目的】
 政策の立案・実施にあたっては、様々な機会を捉え、政策担当者と民間の方々の情報交流を図ることが大切になっています。
 環境パートナーシップオフィスでは、国民、NPO、企業に政策を説明し、情報を共有するとともに、民間からの政策に関する要望、アイデアを政策立案や実施へのインプットする機会を設けるため、予算、法律、税制等の政策立案・実施の節目のタイミングをとらえ定期的に、NPO/NGO、企業の担当者の参加を得、「環境省重点事項ブリーフィング」として意見交換会を開催することとしています。

【趣旨・経緯】
 今回第3回は、12月末の政府予算案の決定、1月の国会開会を踏まえ、具体化してきた環境省の17年度重点事項について、予算、税制、法案など具体的な側面から説明、意見交換を行います。なお、昨年6月4日には、重点事項検討プロセスにあわせ第1回を実施しました。同じく9月22日には、8月末の概算要求を踏まえた重点事項の説明を中心に第2回を開催しています。

【ブリーフィングのテーマ】
以下のテーマで、環境省職員から政策の説明を行い、意見交換を行います。
[1]17年度環境省の重点事項
[2]脱温暖化社会の構築、環境税
[3]循環型社会の構築
[4]自然と共生する社会の構築

日時 : 平成17年(2005年)2月10日(木)14:00−16:00
場所 : 環境パートナーシップオフィス(EPO)会議室
(渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F 国連大学の後ろのビル 表参道駅から5分)
主催 : 環境パートナーシップオフィス(EPO)/民間活動支援室
参加費 : 無料(事前申込み制)

【申し込み・お問い合わせ】
御氏名及び御所属を明記し、下記までE-mail、またはファックスでお申し込みください。
参加証などは発行しません。当日直接会場にお越しください。
 E-mail:epo@env.go.jp Fax:03-3406-5064
 担当:滝口、星野 Tel:03-3406-5180
→ http://www.geic.or.jp/geic/partnership/briefing/03/announce.html


環境省総合環境政策局環境経済課
民間活動支援室
瀧口 直樹(内6267 03-3406-5180)
環境パートナーシップオフィス(EPO)
星野 智子(03-3406-5180)

【登録日】2005.02.03

[国の機関 環境省]今後のイベント

登録者情報

【登録日】 2005.02.03

【登録者】環境省