一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

イベント情報これからの自治体ごみ行政プランニング 〜EUのコンサルタントからヒントを得る〜

これからの自治体ごみ行政プランニング 〜EUのコンサルタントからヒントを得る〜

【カテゴリ】 ごみ・リサイクル その他(ごみ・リサイクル)

【開催日】2004.07.22

【開催地】大阪府


【募集期間】| 2004.07.01〜2004.07.15 「 "高コスト&高環境負荷"型から"低コスト&低環境負荷"型へ 」。地方財政の危機が叫ばれる中、ごみ問題に先進的に取り組んでいる自治体は、ごみの発生抑制や資源循環を目指す政策へと移行しつつあります。

徳島県上勝町の「ゼロ・ウェイスト宣言」を筆頭に、長野県の「信州廃棄物の発生抑制と良好な環境の確保に関する条例(仮称)」、三重県の「ごみゼロ社会 実現に向けた基本方針」などがその典型といえます。ごみの処分場不足や環境意識の高まりなどの理由から、この動きはこれからもますます加速していくことが予想されます。

それでは、「低コスト&低環境負荷」型の地域主導型システム(ソフト、ハードを含む)とは、どのようなものでしょうか?

このセミナーでは、EU、英国政府・地方自治体などで「低コスト&低環境負荷」型プランニングを手がけてきたコンサルタントであるドミニク・ホッグ氏をお招きし、その手法を紹介していただきます。

「EUは日本と状況が違う」ではなく、「良いところをどのように日本でも活かせるのか」を中心に、皆様と懇親会なども交えて考えていきます。

特に、自治体職員、コンサルタント、廃棄物処理施設メーカー、シンクタンク、議員の皆様のご参加をお待ちしております。

【登録日】2004.07.08

[NPO法人 特定非営利法人 グリーンピース・ジャパン]今後のイベント

登録者情報

【登録日】 2004.07.08

【登録者】特定非営利法人 グリーンピース・ジャパン