一般財団法人環境イノベーション情報機構

ヘルプ

サイトマップ

メールマガジン配信中

イベント情報【ウェビナー】トランジション計画 ー ベストプラクティスの概要

【ウェビナー】トランジション計画 ー ベストプラクティスの概要

【カテゴリ】 地球環境 その他(地球環境)

【開催日】2023.07.27

【開催地】全国


このたびIGESではClimate Bonds Initiativeとの共催で
下記公開イベントを開催いたします。
皆様のご参加をお待ち申し上げております。

(以下転送・転載歓迎)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ウェビナー
「トランジション計画 ー ベストプラクティスの概要」

2023年7月27日(木)16:00〜17:30 *日英同時通訳付き
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
気候変動による異常気象や気象災害のリスクはますます深刻化しており、気候危機への対策が急務となっています。
特に温室効果ガス(GHG)の排出量の多い国や事業体は、より野心的な行動を起こし、排出量の管理と適応を重視した、
新たな道筋を計画・実行することが求められています。

近年登場したトランジション(移行)の概念は、国や企業が、現在のGHG排出量をパリ協定の目標達成に整合する
水準まで減らすために行う変化を指しています。トランジション計画は、このトランジションをどのように
実現するかを示すもので、トランジションを実行する発行体側とトランジションをファイナンスする投資家側の
対話と理解を促進し、信頼を醸成するものでもあります。

日本では、政府や民間企業によるトランジションへの取り組みが積極的に進められてきました。本ウェビナーでは、
日本のトランジションボンド(債権)の特徴と、既存産業セクターにおけるトランジション計画について、
Climate Bonds Initiativeが提案するトランジション計画評価の5つの視点(The Five Hallmarks of a Credibly
Transitioning Company)やセクター別クライテリア(Sector Criteria)を用いて解説し、現在の高いGHG排出量から
パリ協定の目標達成に向けて、より信頼性が高く、野心的なトランジションを促進する機会を探ります。

対象者
本ウェビナーは、サステナブルファイナンスに関する一定のご関心を持ち、債券市場について基礎的な知識を有する方々を対象として想定しています。トランジションとサステナブルファイナンスに関する知見を深めることを目的とする方々に向けた内容です。


本セミナーの詳細・お申し込みはこちらから
https://www.iges.or.jp/jp/events/20230727

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本イベントに関するお問い合わせ先
クライメート・ボンド・イニシアティブ研修チーム
training@climatebonds.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

【登録日】2023.07.10

[財団法人 地球環境戦略研究機関]今後のイベント

【東京都】
セミナー
開催日:2024.02.28(水)

登録者情報

【登録日】 2023.07.10

【登録者】地球環境戦略研究機関