一般財団法人環境イノベーション情報機構

ヘルプ

サイトマップ

メールマガジン配信中

イベント情報【HLPF2023公式サイドイベント】 アジアと世界における気候変動とSDGsのシナジー(相乗効果)に関するエビデンスを行動へ

【HLPF2023公式サイドイベント】 アジアと世界における気候変動とSDGsのシナジー(相乗効果)に関するエビデンスを行動へ

【カテゴリ】 地球環境 その他(地球環境)

【開催日】2023.07.17

【開催地】全国


このたびIGESでは下記公開イベントを開催いたします。
皆様のご参加をお待ち申し上げております。

(以下転送・転載歓迎)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
HLPF2023公式サイドイベント
アジアと世界における気候変動とSDGsのシナジー(相乗効果)に関するエビデンスを行動へ

2023年7月17日(月)21:45〜22:45 *日英同時通訳つき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
近年、気候変動、生物多様性、環境汚染がもたらす危機への対処の緊急性は、ますます高まっています。
このことから、複数の問題に対してシナジー(相乗効果)をもたらす解決策に注目が集まっています。
このような解決策は、一つの課題に個別に対処するよりも費用対効果が高く、持続可能な開発の進展を阻むことが多い、
経済的な障壁を克服することができると考えられています。また、複数の課題に同時に対処するという性質から、
変革の推進に必要である多様なステークホルダーによる連携を構築することも期待されています。そのため、
自然を活用した解決策(NbS)やコベネフィット・アプローチにおけるシナジーの大きさを測定する研究も行われて
います。さらに、シナジーを促進する取り組みは、自発的国家レビュー(VNR)や自発的自治体レビュー(VLR)にも
反映されています。一方で、シナジーに関するエビデンスと行動の結びつきを強化するための知見は、まだ限られて
います。その理由のひとつは、各地域で開発されたシナジーに関する知見が効果的に蓄積されていないことです。
世界で最も人口が多く、急成長を遂げているアジアでは、地域のステークホルダー、政策立案者、研究者が、
こうした知見を学ぶことができるようなプロジェクトが実施されています。このサイドイベントの主な目的は、
アジアやその他の地域におけるシナジーに関する事例を共有し、エビデンスと行動の結びつきを強化する方法について
議論することです。本イベントの成果は、「第4回パリ協定とSDGsのシナジー強化に関する国際会議」と2023年9月の
SDGサミットの際に発表される「専門家グループ報告書-最大限のインパクトをもたらすための気候・SDGs間のシナジー」
に向けて、アジアやその他の地域からのインプットとして活用されることが期待されています。

お申込み・詳細はこちらから:
https://www.iges.or.jp/jp/events/20230717


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本イベントに関するお問い合わせ先
IGESウェビナー事務局
team-k@iges.or.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

【登録日】2023.07.10

[財団法人 地球環境戦略研究機関]今後のイベント

【東京都】
セミナー
開催日:2024.02.28(水)

登録者情報

【登録日】 2023.07.10

【登録者】地球環境戦略研究機関