一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

イベント情報極楽鳥の森でくらす〜パプアニューギニアからウビエさんたちをむかえて〜

極楽鳥の森でくらす〜パプアニューギニアからウビエさんたちをむかえて〜

【カテゴリ】 地球環境 森林の減少

【開催日】2003.11.29

【開催地】東京都


.:*:・'゜☆<転載歓迎・講演会のお知らせ
グリーンピース講演会
極楽鳥の森にくらす
〜パプアニューギニアからウビエさんたちをむかえて〜
................................☆。.:*:・'゜

パプアニューギニアの森に暮らす方をお招きして、パプアニューギニアの多様な文化と 極楽鳥もすむ森の多様な生態系をご紹介するイベントを開催します。

スピーカー: 
パプアニューギニア ワオイ・グアビ地区住民 
アレックス・ウビエ氏

パプアニューギニア             
オスカー・オットヤロー氏

グリーンピース・パプアニューギニア      
ヘンリー・ティンディペ

日時:2003年11月29日(土)13:30開場14:00開演16:30終了
場所:工学院大学 1階 アトリウム
JR、京王線、小田急線、 地下鉄丸の内線 都営新宿線「新宿駅」下車西口より徒歩5分 大江戸線都庁前駅 直結

参加費:1500円
*グリーンピース・ジャパン サポーターは1000円
(サポーターカードをご持参ください)

要申込み:以下よりお申込みください。
http://www.greenpeace.or.jp/event/e20031129/view


南太平洋の国、パプアニューギニア。そこにはこの地球にわずかしか残されていない原生林があります。その貴重な森には、38種以上の極楽鳥が生息しており、特有な生態をもつ昆虫や色彩豊かな植物群が存在し、生命力に溢れた自然が満ちています。また、750以上もの異なる言葉を話す人びとの多くも、この森に依存して生活しています。しかし、このパプアニューギニアの原生林は、あと3年から10年で消失する恐れがあります。その主な破壊の原因は、商業的な森林伐採 −この30年で、かつて存在した世界の約80%の原生林が、大規模な商業伐採によって破壊され、パプアニューギニアの森からも、多様な生態系や人びとのくらし
が永遠に奪われようとしています。

このパプアニューギニアの森に生きる方々をお招きし、その雄大な自然、そして森と密接にかかわる暮らしや文化などを、豊富なスライド写真を交えて語っていただきます。また、現地で森林保護活動を行っているグリーンピースのヘンリー・ティンディペが現状を報告します。ウビエさんたちとともに、パプアニューギニアの森の生活と、すすむ原生林破壊について、一緒に考えてみませんか。

パプアニューギニアのサイトhttp://www.greenpeace.or.jp/campaign/forests/png/

*福岡(11月27日)、山形(11月24)でも講演します。詳しくはグリーンピース
・ジャパンのホームページをご覧下さい。http://www.greenpeace.or.jp/event/

主催:特定非営利活動法人グリーンピース・ジャパン
〒160-0023東京都新宿区西新宿8-13-11 N・Fビル2F
TEL03-5338-9800/FAX03-5338-9817
http://www.greenpeace.or.jp
担当:鈴木
_______________________________________________

【登録日】2003.10.20

[NPO法人 特定非営利法人 グリーンピース・ジャパン]今後のイベント

登録者情報

【登録日】 2003.10.20

【登録者】特定非営利法人 グリーンピース・ジャパン