一般財団法人環境イノベーション情報機構

ヘルプ

サイトマップ

メールマガジン配信中

イベント情報<IGESイベント> 国際熱帯木材機関(ITTO)事業報告会 「中国・ベトナムにおける持続可能な木材貿易のための合法性確認システム等の分析」

<IGESイベント> 国際熱帯木材機関(ITTO)事業報告会 「中国・ベトナムにおける持続可能な木材貿易のための合法性確認システム等の分析」

【カテゴリ】 地球環境 その他(地球環境)

【開催日】2023.03.31

【開催地】全国


このたびIGESでは下記公開イベントを開催いたします。
皆様のご参加をお待ち申し上げております。


(以下転送・転載歓迎)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【国際熱帯木材機関(ITTO)事業報告会】
中国・ベトナムにおける持続可能な木材貿易のための合法性確認システム等の分析

2023年3月31日(金)14:00-15:45(日本時間)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
中国とベトナムは日本を含む多くの国にとって重要な木材製品供給国となっています。
両国は木材加工貿易国であり、熱帯諸国から丸太や製材が輸入され、木材製品に利用されています。
また、国産材については、小規模農家が管理する植林地が重要な木材供給源となっていますが、
木材生産者が多くなりサプライチェーンが複雑となっています。両国のこうした特徴は、
輸出される木材製品の合法性確認を行う上での課題にもなっています。

本事業では、中国とベトナムからの木材製品を利用する木材関連事業者のデュー・デリジェンスや
持続可能性に対する取組を支援するための調査を行いました。報告会では、中国とベトナムの
調査結果について発表します。中国については、2020年7月から施行された改正森林法における
違法伐採材の取り扱いについて説明し、また中国の木材関連事業者へのアンケート調査に基づき、
合法性確認に関する事業者の取組状況についての分析結果を報告します。
ベトナムについては、ベトナム政府が定めたリスク基準(樹種及び地域リスク)に基づき
日本に輸出される木材製品の中で、どの製品にどの程度リスク木材が含まれるのか、
貿易データに基づく傾向を明らかにするとともに、国産植林木を使った製品のデュー・デリジェンスに
活用できるベトナム事業者の取組事例をご紹介します。

詳細
https://www.iges.or.jp/jp/events/20230331


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本イベントに関するお問い合わせ先
IGES 生物多様性と森林領域
Email: fc@iges.or.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【登録日】2023.03.20

[財団法人 地球環境戦略研究機関]今後のイベント

【東京都】
セミナー
開催日:2024.02.28(水)

登録者情報

【登録日】 2023.03.20

【登録者】地球環境戦略研究機関