一般財団法人環境イノベーション情報機構

ヘルプ

サイトマップ

メールマガジン配信中

イベント情報【IGESイベント】自発的自治体レビュー(VLR)の動向:実施への障壁を乗り越えて

【IGESイベント】自発的自治体レビュー(VLR)の動向:実施への障壁を乗り越えて

【カテゴリ】 地球環境 その他(地球環境)

【開催日】2022.06.30

【開催地】全国


このたびIGESでは下記公開イベントを開催いたします。
皆様のご参加をお待ち申し上げております。


(以下転送・転載歓迎)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6月30日(木)16:00 - 17:30
自発的自治体レビュー(VLR)の動向:実施への障壁を乗り越えて
*日英同時通訳付き
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

持続可能な開発のための2030アジェンダと持続可能な開発目標(SDGs)の達成期限が近づいていますが、
達成にむけた進捗は十分とは言えない状況にあります。一方で、都市では、SDGsを実施するために
必要な取り組みが着々と行われ、これが地域レベルに真の変化をもたらしています。SDGsの
ローカリゼーションの動きはグローバルレベルにも大きな影響を与えています。その一例がSDGsの
達成に向けた進捗を評価する「自発的自治体レビュー(Voluntary Local Review, VLR)」です。

気候変動、新型コロナウィルスなど、前例のない課題への対応が急務とされている中にもかかわらず、
2021年にVLRを発表する地方・地域政府の数は増加しました。というのも2021年のVLRは、これらの課題に
どう取り組んでいくかについて、ポストコロナの復興の方向性を提示することに役立てられたからです。

ウェビナーではアスカー(ノルウエー)、バルセロナ(スペイン)、新北市(台湾)のVLR担当者を招き、
各都市のVLRの経験、特にSDGsのローカリゼーションを推進する上でVLRが都市にもたらしたメリット、
そして都市がVLR実施で得たものを最大限に活用する方法について共有します。

本セミナーの詳細・お申し込みはこちら
https://www.iges.or.jp/jp/events/20220630

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本セミナーに関するお問い合わせ
公益財団法人地球環境戦略研究機関 
Contact: outreach-info@iges.or.jp 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【登録日】2022.06.27

[財団法人 地球環境戦略研究機関]今後のイベント

【東京都】
セミナー
開催日:2024.02.28(水)

登録者情報

【登録日】 2022.06.27

【登録者】地球環境戦略研究機関