一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

イベント情報潮流を読み解く 電力・ガス市場のルールと競争政策

潮流を読み解く 電力・ガス市場のルールと競争政策

【カテゴリ】 環境行政 法令/条例/条約

【開催日】2022.07.27

【開催地】東京都


■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可)

【講師】
阿部・井窪・片山法律事務所 パートナー弁護士
松田 世理奈(まつだ せりな) 氏

【重点講義内容】
全面自由化後の電力・ガス市場では、安定供給の観点や再エネ普及の要請も踏まえつつ、可能な限り競争原理を導入するため、ベースロード市場、容量市場、非化石価値取引市場、需給調整市場など、様々な市場が創設されました。
昨今は脱炭素に向けた政策転換や世界的な燃料価格の上昇、需給ひっ迫による電力のスポット市場の高騰、大手新電力の経営破綻、公正取引委員会による電力・ガス市場のカルテル疑惑に対する立入検査など、未曾有の事態が相次いでいます。
このような混沌とした変革の時代に、市場競争で勝ち残っていくためには、市場の制度やルールを正しく理解し、事業戦略を構築することが肝要です。本セミナーでは、変化し続ける電力・ガスの関連市場や制度について横断的に解説するとともに、最新の競争政策の潮流を読み解きます。

1.電力・ガス市場の競争政策
 (1)電力・ガス市場の全体像
 (2)自由化以降の競争政策の進捗-卸取引の内外無差別-
 (3)電力・ガスの適正取引ガイドライン

2.電力のスポット市場
 (1)大手電力会社による自主的取り組みとその変容
 (2)卸市場の不公正取引-インサイダー取引・相場操縦-
 (3)卸電力市場高騰による市場環境の急変
 (4)インバランス料金の変化・買い入札価格の問題

3.ベースロード市場、容量市場、非化石価値取引市場、需給調整市場など
 (1)各市場のルール・不正行為の禁止
 (2)非化石価値取引に関する市場設計の変化
 (3)容量市場やベースロード市場の直近の課題と検討状況
 (4)託送料金の発電側課金の導入
 (5)最終保障供給の在り方や今後の電気・ガス料金に関する検討課題

4.先物市場の拡大や独禁法によるルール
 (1)先物市場の拡大と法的留意点
 (2)カルテルのリスク
 (3)電力・ガスに関する過去の独禁法違反審査事件
 (4)グリーン成長と競争政策

5.質疑応答/名刺交換

【講師プロフィール】
松田 世理奈(まつだ せりな) 氏
2007年 東京大学法学部卒業、2009年 東京大学法科大学院卒業、2010年 阿部・井窪・片山法律事務所入所、2015年 電力・ガス取引監視等委員会事務局取引監視課で勤務、2017年 公正取引委員会事務総局審査局訟務官付として勤務、2019年 阿部・井窪・片山法律事務所復帰、2021年から電力・ガス取引監視等委員会専門委員を務める。
電力・ガス取引監視等委員会への出向時には、卸取引担当の課長補佐として、全面自由化の際の電力・ガスの適正取引ガイドラインの改定や卸市場の活性化に向けた取り組み等を担当。その後、公正取引委員会において、カルテル・談合等を中心に、独禁法違反事件の審査や取消訴訟の実務を経験。知的財産分野にも詳しく、工業所有権審議会臨時委員や直近3年度の公正取引委員会の知的財産研修の講師なども務める。
現在は、電力・ガス取引監視等委員会の制度設計専門会合委員として、電力・ガスの競争政策に携わりつつ、弁護士として、電力・ガス事業を行うクライアントからの相談に対し、専門的知見から実践的な法務サポート・アドバイスを行う。

【登録日】2022.06.24

登録者情報

【登録日】 2022.06.24

【登録者】新社会システム総合研究所

この情報の修正・削除